\ ポイント最大11倍! /

ハンガーラックの置き場所は?一人暮らしに最適なスリムタイプのハンガーラックと置き場所を紹介

当ページのリンクには広告が含まれています。
ハンガーラック

一人暮らし用のお部屋って収納スペースが狭くて、洋服や帽子が全部しまえない時ありますよね。

ハンガーラックを追加しようかな?でも置く場所どうしよう?

そこでこんなお悩みありませんか?

  • 収納場所を増やしたい、でも部屋が狭くなるのはイヤだな
  • 部屋が狭く感じないタイプのハンガーラックあるかな?
  • 置き場所に困らないタイプのものが良い

そんな時はスリムタイプのハンガーラック!

場所も取らずレイアウトもしやすいのでおすすめですよ♪

そこで配置に困らないスリムタイプのハンガーラックをいくつか調べたのでご紹介しますね。

置き場所に困らないハンガーラックのスリムタイプを紹介

・壁面をクローゼットに出来る、突っ張り式ハンガーラック

・省スペースで置けるポールハンガー

・帽子やカバンも置けるスリムな棚付きハンガーラック

それぞれの特徴を詳しく説明していきます。

収納場所から探せる!

理想の収納でおうち時間を快適に!楽天の収納アイテム特集ページはこちら

目次

一人暮らしに最適スリムタイプのハンガーラック

突っ張り式ハンガーラック

天井に突っ張るだけ!壁面に設置するのはもちろん、お部屋の仕切りにも。

色々な場所に使用でき、すきま収納にもおすすめです。

2段になっているので洋服をたくさん収納できます。

また女性ひとりでも組み立てられと口コミにもありました。

洗面所に除湿機と一緒に設置して室内干しとして使っている方もいました!

この使い方は一人暮らしの女性にも良いですね!

L字型に出来る物もありました!種類もサイズも豊富なのでレイアウトの幅が広がりますね♪

インテリアの置き場所に困ったらこちらがおすすめ!

インテリアの試し置きがスマホでARを使って簡単に出来ます!

楽天市場のサイトにある、QRコードを読み込むだけでシミュレーションできますよ。

ARで簡単シミュレーション (楽天市場のサイトに飛びます)

ポールハンガー

組み立て簡単!ちょっと空いてる隙間が収納スペースになります♪

帰宅後すぐに脱ぐ上着や帽子、カバンはついその辺に置きがち

でもポールハンガーがあるとサッと上着も帽子もカバンも掛けて収納できるで便利です。

玄関に置いておくのもおすすめですよ!

焼肉に行った後やお仕事関係でタバコの匂いがついた時、消臭スプレーを紙袋などに入れて掛けておけば

帰宅後すぐに上着や帽子、冬場はブーツなどにすぐにスプレーできてそのままポールハンガーに掛けておけばOK!

ポールハンガーはお部屋や玄関に合わせたカラーや材質を選ぶとおしゃれに見えますよ。

色んな種類があるので是非チェックしてみてくださいね。

立てかけるだけのハンガーラックもありました!ちょっとした隙間を収納スペースにできますよ。

立てかけるだけのハンガーラック:楽天市場に飛びます。

棚付きハンガーラック

洋服だけでなくカバンや小物もまとめて収納できるのでお部屋もスッキリ!

ベッドの近くに配置するなら普段着るものを、

玄関なら上着や帽子、小物入れを置いて鍵などを入れておくと便利です。

キャスター付きのもを選べば掃除機掛けもお部屋の模様替えの時もすぐに移動ができて便利です。

おしゃれな物やスタイリッシュな物を選べばお店のディスプレイみたいに飾って収納できますよ。

金属系のハンガーなどで揃えて洋服を掛けるとさらにお店っぽく綺麗に見えるのでおすすめです。

お店のディスプレイのようなハンガーラックはこちら

ハンガーラックたくさんありますよね。色んな種類のものを見てみたい時はこちらもチェック!

今リアルタイムで売れているハンガーラックランキング!楽天ページへ飛びます。

ハンガーラックの置き場所は?スリムタイプのハンガーラックまとめ

この記事では、ハンガーラックの置き場所や置き場所に困らないスリムタイプのハンガーラックを紹介しました。

  • 壁面をクローゼットに出来る、突っ張り式ハンガーラック
  • 省スペースで置けるポールハンガー
  • 帽子やカバンも置けるスリムな棚付きハンガーラック

スリムタイプのハンガーラックは洋服の収納だけでなく、部屋の仕切りにしたり、置き場所を変えて

室内干し用にしたりと工夫次第で色んな使い方ができるのも良いですね。

私も一人暮らしの時は突っ張り式のハンガーラック2個買って使ってました!

ベッドとキッチンの間の仕切りに使ってました。

どんなお部屋にするか考えながら選ぶのも楽しいですよね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次